So-net無料ブログ作成
前の25件 | -

「花は咲く~ピョンチャンバージョン~メイキング編」放送予定 [エンタメ]

今日動画で「花は咲く Making」を見つけました。(検索してみてください)羽生君が平昌五輪のブレザー姿でガーベラ持って「花は咲く」を歌う横顔!
うわああ~~かわいいっ!(≧◇≦)
images (23).jpg
実は今朝10時前にNHKで「花は咲く~ピョンチャンバージョン~メイキング編」が放送されていたことが発覚。
o1777100014212675673.jpg
うああああ~~~見逃したあああ!!(T_T)
でもちょっと動画で見れてよかった。いつ撮影されたんだろう?髪もメイクもきちんとされてたようだからパレードの前後にNHK仙台で撮ったとか?
o1199067514212693455.jpg
私のように見逃した方へ、この番組がもう一度放送されます!
花は咲く~ピョンチャン バージョン~メイキング編
ピョンチャン五輪&パラリンピックの入賞者60名が歌う「花は咲く」選手が熱い思いを語る。 出演:羽生結弦、カーリング女子、村岡桃佳、平野歩夢、宇野昌磨、菅野よう子他 NHK 6月22日(金)2:00~2:05
スクリーンショット (12037).jpg
にしても動画アップはやっ!!(@_@)世界中に羽生ファンがいるから、どこからともなく最新情報が現れる。すごい時代になりました。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

幸せはリンクの中に~浅田真央・人生第2章~サンクスツアー [エンタメ]

休みっていけませんね。いや、ありがたいんですけどね、ぼけえ~っとダレてしまい、やる気も何もなくなってしまう(^_^;)とゆーわけで今日もダラダラ、夕方頃エンジンがかかりだし、(^_^;)ちょっと納戸の整理をしていたら、テレビ画面に真央ちゃんが!彼女のサンクスツアー開演までの6か月を密着取材した番組でした。

番組は真央ちゃんの好きなSUPERFLYとの対談からスタート。引退前の選手として、現在のプロスケーターとしての考え方の違いを語っていました。選手時代は自分との闘い、高難度の技ができることにとに達成感を感じていたが、今お客様にショーを見せうまくいくことも同じような達成感があると。その証拠に確かに真央ちゃんは一生懸命、必死にセルフプロデュースのショーの準備をがんばっていました。自らスケーターをオーディション、過去のプログラムにアレンジを加えてなんとショーの中で10曲以上滑る!という前代未聞のプラン。
68370386a2b939bb4986075e20806a4d.jpg
でも銀メダリストの真央ちゃんといえど、スケートリンクは夜中に貸し切りしかできないという現実。(プロは後回しにされるそうで)日本はフィギュア人気ですが、スケートリンクが圧倒的に少ないのがよくわかりましたね。トップ選手が好きな時間に練習できる環境がない。羽生君が仙台にリンクを作る日も来るでしょうが、大変なんですねえ。

真央ちゃんにとってはショーの企画はどれもこれも初めての体験で本当に大変だったと思います。ショー2週間前だったかな?に迫った頃、真央ちゃんも疲労がピーク、自分自身の練習もままならない中ついに感情が爆発。涙ながらに必死さが足りないとメンバーに言う真央ちゃんが印象的でした。ああ、やっぱこれだけの真剣さ、まじめさ、必死さがないと世界のトップ選手にはなれないんだろうなと。オーディションで選んだスケーターのほとんどが学生(または上がり)で若くショーに本格的に出る人も少なかったので、そんな態度ではお金は取れないよと言いたかったんでしょう。彼女の叱咤激励でメンバーたちの顔色も変わり、無事にショーにこぎつけたのでした。

番組を見て思ったのは、これだけの世界的選手でも日本ではスケーターとしてまっとうに生活できないのかなあということ。真央ちゃん引退後雑誌のグラビアや番組出演とかいろいろタレント活動してますが、なんかとても不安定な気がします。アメリカのトッププロスケーターって年に数百万ドル稼ぐらしいので、職業として安定してるみたいですね。他の競技もそうですが、日本て引退後の選手たちの生活って保障されてないですねえ。




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

羽生結弦@FaOI 神戸 放送決定! [エンタメ]

6月は毎週末ショーで超多忙な羽生君ですが、ついにいよいよFaOI神戸公演放送決定! \(^o^)/
6月18日(月)1:00~4:30 BS朝日にて放送
これは神戸公演最終日、つまり今日を放送してくれるのかな?
神戸に入ってから衣装も夏仕様?なのか変わったそうですね。羽生君は「春よ来い」をコラボ。まー本当に妖精のようでうっとりらしかったです。羽生君はやっぱりのイメージだな。

今までもCS(朝日)コンティニューとかFaOI幕張を放送していましたが、家は映らないんです!(T_T)もちろん申し込みもしました。が、家はホームゲートウェイが2階、ケーブルテレビのチューナーが1階にあるので、CSを見る場合ホームゲートウェイを1階に移動する必要が出てくることが判明。設置費用1万円かかるのもあれだけど、パソコンは2階に置いてるのもありホームゲートウェイを移動することでPCに影響が出るか出ないか・・おまけに工事に来てくれる日程が放送日に間に合わない!(T_T)ということで諦めました。ま出費が痛いのが一番の理由なんですけどね(^_^;)にしてもすでにHDが入らない状態。一生懸命削除はしてますが、最後まで絶対無理だぞこれは(@_@)
images (24).jpg
ところで神戸公演に入ってからネットではショーの報道、映像がほとんどないことが騒ぎ?になっています。各新聞も統一してこれのみ。
images (2).jpg
私はBSで放送するためマスコミに規制してるんじゃないかな?と思ったんですが、どうなんでしょうね?うあ~とにかくこっちはHD対策をせねば!


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

西郷どん [エンタメ]

今私はドラマでは「西郷どん」しか見ていません。習慣的に予約して見ていた朝ドラ「半分青い」もドロドロの恋愛模様に入ってからげんなりしてしまい、(^_^;)見るのをやめました。最近ではもっぱらYouTubeばかり。なんか面白いドラマないですかね?

今回の西郷どんは薩摩に復帰、県外へ東奔西走します。
どーも気になるのが演技がオーバーなこと。
幕末ものと言えば密談のオンパレード。男同士で顔つき合わせ泣いたりわめいたり騒がしい(^_^;)昔からこういうシーンの演出は同じで長年生きてると既視感が半端ない。実際海外では日本のドラマは演技がオーバーと言われてるそう。海外、特にアメリカでは演技はリアリズム志向のようですが、日本人の私にとってはそれでも外国人の方が表現力豊かとは思いますが。

京都の謀議ではついに久坂玄瑞登場!(といっても端役でしょうけど)
おー長州人の私にとっちゃ胸躍ります!桂小五郎も出てくるよね、いったい誰がやるんだろう?
とにもかくにも今回から西郷の弟西郷信吾役の錦戸亮が登場。
目鼻立ちがはっきりした「濃い」顔なので、ほんとの西郷さんに似てる。にしても痩せすぎじゃない?(^_^;)
fddf1_211_87e00993_023fec1d-m.jpg
男ばっかりの中一輪の華としておゆう役の内田有紀。この画像はとてもきれいですが、目が大きすぎて芸者さんにはどうなんだろうと思ってしまった。やっぱり和風な顔の方が似合うんじゃないかなあ。
DSC_0493-e1527682390908-947x1024.jpg
でも最後の西郷兄弟のやりとりは印象に残りました。特に錦戸亮がよかった。兄ちゃんの話を無垢な子供のような顔で聞いてるのが今の肩書を忘れて身内同士というのがよく表れてた。兄ちゃんに感謝されてうれしさと涙をこらえて寝入るのがうまかった。

にしても主役の鈴木亮平が熱演しているのはよくわかるんですが、やっぱり西郷さんに感じないんですよね。「跳ぶがごとく」の西田さんの方が大久保利通役の加賀さん含めイメージどおりだった(メイクがすごいですけどね(^_^;)
img_03.png
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

羽生結弦@長野アイスショー [スポーツ]

6月毎週末ショー殺人的スケジュールの羽生君ですが、8日JOCスポーツ賞表彰式出席の後、9日アイスショーに出演しました。以下記事抜粋です。

長野五輪・パラリンピック20周年記念事業Heroes & Future 2018 in NAGANO」のフィギュアスケートのアイスショーが9日、
長野市ビッグハットで行われ、平昌五輪男子金メダリストの羽生結弦(23)らが出演した。
大トリで登場した羽生は16―17年シーズンのフリープログラムで223・20点の世界最高得点を記録した「ホープ&レガシー」を選曲した。同曲は久石譲さんが作曲した1998年長野パラリンピックのテーマ曲
この日は短めのショー用のアレンジで、ジャンプは4本跳んだ。3回転ループを着氷、続く3回転トウループは転倒、3回転半(トリプルアクセル)―1回転ループ―3回転サルコーの3連続ジャンプにもトライし、最後は得意のトリプルアクセルで締めた。
この日は3回転ループを解禁。段階を踏みながら、前に進んでいる。

これは見たかった・・・!!(T_T)
羽生君がスケートを始めた4才の時、長野オリンピックが開催。そしてそのテーマ曲である「Hope & Legacy」を滑った!なんとふさわしく、感動的だっただろう!
ニュースでチラチラしかれませんでしたが、美しかったですね。圧倒的存在感!
この斜め後ろからの画像!↓ ↓ ↓ 最近つくづく大人になったなと思ってましたが、角度によってまだ幼く見えるんですね。この少年と青年の狭間がたまらんわ(^_^;)
高須さんによると若さのポイントは頬の高さなんだそう。年と共に頬が下がってくるからだそうです
201806010-y3A.jpg
でも体つきは五輪の時より確実にがっちりしてますね。たぶん怪我の回復とともに練習量が増えてるから、筋肉もついてきてるんでしょう。スーツの時も思ったけど大人の体つきになりましたね。
7.jpg
羽生君はこのグラデーションのある衣装がとても似合う。美しさを引き立たせますね。10代の時の「悲愴」のブルーの衣装もとてもきれいだった。デザインはほぼ同じ。同じ衣装担当の人なのかな?新プログラムの衣装も楽しみだ♪
yudu134-8cb33.png
ニュースで見た限りはいくつかの3回転ジャンプはステップアウトしてました。疲労かリンクがショー用で小さめで跳びにくいのかな?オープニング?フィナーレ?でプルシェンコと一緒に3回転跳んで転倒してましたが、羽生君4回転の方が跳びやすいのかな?(^_^;)

にしても8日のJOCスポーツ賞表彰式の後は受賞者たちはオリンピックコンサートに参加のところを(過去に羽生君も出席したみたい)、長野のショーのため欠席、ビデオメッセージを送り、長野へ移動。6月は月末まで毎週末ショーの連続、7/2に国民栄誉賞授与式。なんとゆーハードスケジュール!!(@_@)
photonews180609-K004.jpg
羽生君はプロではないのだから、これだけショーに出る必要はないというネットの意見がありましたが、私も同意見です。まずは羽生君の体第一に考えてほしい。日本スケート連盟はドル箱スターの羽生君にできるだけ滑ってほしいんでしょうが、このスケジュールは異常な気がします。
責任感と気遣いのある羽生君のことだから「やるといったらやる!」でしょうが、休むのも仕事だよと言ってくれる人はいないのかな?偉くなると周囲は黙ってくるからなあ。羽生君の健康だけが心配です。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

羽生結弦 JOCスポーツ賞受賞 [スポーツ]

オフシーズンなのに全然オフじゃない羽生君(^_^;)、超多忙な中また新たな賞を受賞しました。以下記事羽生君の発言メインに抜粋です。

羽生選手は平成29年度JOCスポーツ賞の年度賞 特別栄誉賞を受賞。
ori_20180608_173115_size640wh_2565_thum630.jpg
受賞のインタビューで羽生選手は「平昌五輪では自分の一番高い難易度の構成ではなかった。ただ、あのときの自分の実力の最大限のことは出し切れた
挑戦には怪我のリスクがつきもの。失敗ということも確実に経験しなくてはいけない。だからこそ、それが成長につながる。技術的な面だけでなく、人間としての成長にもつながる

-JOCから表彰された気持ちは
JOC側から表彰されるということは、それだけオリンピックで活躍できたという証し。五輪を目指す選手が自分も含めて増えていくなかで、しっかり身を引き締めて頑張りたいと思った

-ルール変更について
フリーの(ジャンプ)構成は既に練っていた。その構成を練り直して、完全に自分が自分の能力を最大限に引き出せる状態で試合に臨みたい

-来季プログラムでの4回転の数は決まっているか
大体の目標は決めていたが、少し手を加えないといけない

-GOE(出来栄え点)が拡大することに関して
これから先、公式の試合に出ないと分からないことは多々ある。ただ、自分はやはりジャンプの質とか、そういうところにこだわっていきたい。これからもさらにいい質の、きれいなジャンプを目指してしっかり練習していきたい

-国民栄誉賞について。また、同賞受賞後に五輪金メダルをとった選手はいないが
国民として誇りに思い、身を引き締めて生活していかないといけない。自分だけではなく、自分を通して、いろんな方々が携わってくれた。僕を通して、その方々の努力が賞されれば。国民栄誉賞を背負いながら、日本の文化を大事にして、日本人らしい、アスリートらしい人間でいたい

-新プログラムについて
曲も構成も決めているが、話すのは難しい。新しいプログラムで、新しい自分を出したい。みなさんにも楽しみにしていただきたいが、自分自身が1番楽しんですべりたい
ae0842d16aa4ce22154ed8aedbdbc409.png
日本国内のありとあらゆる賞は全て総なめしそうな勢いの羽生君、本人もいったいいくつ受賞されたかわからないくらいだろうけど(^_^;)改めて受賞おめでとー!\(^o^)/

相変わらずコメント立派!完璧です!さすが世界王者の風格!
このJOCスポーツ賞の最優秀賞小平選手だったんですが、(どあい好き♡結婚したいくらい(^_^;)羽生君は過去受賞しており、特別栄誉賞は最優秀賞と同等の価値がある、と司会の方が言ってました。とゆーことは一人の選手に絞れない時用?に作った感じのよう。確かに今季五輪は「女子史上初」とか「66年ぶり連覇」とか歴史に残るようなすごい結果の選手が多かったですからね、多くの選手に賞をあげたい気持ちはわかる。

にしても「国民栄誉賞受賞後に金メダルをとった選手はいないが」ってそんなこと聞くか!?そんなトリビア知らなかったけど(^_^;)、こーゆーこと聞く!?羽生君「特に大きな道筋としては考えてないです」と言ったけどさあ、まあ羽生君への期待の表れととらえとくか…ブツブツ

顔も体つきも大人っぽくなったなあと思いました。スーツの下の体つきががっちりしてるように見える。と思ったらあの笑顔!されたらたまらんなあ。
今月は毎週末ショー殺人的スケジュールで、合間にこういう行事に出たりと超多忙な羽生君。体だけが心配だ。どうか体調には気を付けてね。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

羽生結弦 国民栄誉賞受賞授与決定

はい、もう遅い話ですが、めでたいので(^_^;)以下記事抜粋です。

政府は1日、今年2月に韓国で開催された平昌冬季五輪のフィギュアスケート男子で金メダルを獲得し、同種目66年ぶりの五輪2連覇を果たした羽生結弦選手(23)に国民栄誉賞を授与することを正式に決めた。7月2日に表彰式を行う。スケート界では初、個人としては最年少の受賞となる。
羽生選手は「身に余る光栄です。今回の平昌五輪において、多くの方々の素晴らしい活躍があったからこそとも感じております。この賞が被災地やスケート界にとって明るい光になることを願っております」などとコメントした。
国民栄誉賞の授与は今年2月、将棋で初の永世7冠を達成した羽生善治、囲碁で初の2度にわたる7冠独占を果たした井山裕太両氏に続き27例目。五輪金メダリストとしては5人目。
images (21).jpg
祝!国民栄誉賞受賞!!\(^o^)/おめでとう、羽生君!!
冬季、スケート選手として初史上最年少受賞とやっぱヒストリーメーカーだわ!
羽生君の国民栄誉賞については五輪直後から賛否両論あり、今になっても受賞発表まで4か月かかったのは政府の有識者がもめたからだろうと書く日本のメディアっていったい・・・
海外では知られていない賞なのに、このニュースは世界中に発信。特にすごかったのは中国人民日報が速報で通知。
そもそも中国の羽生人気はハンパないようで、金メダル獲得後のCCTVの番組なんか日本のよりよかった(^_^;)とにかく情熱がこもりすぎ!
今回の受賞もCCTVはさっそく放送。(YouTubeで「CCTV2 羽生結弦」と検索すると動画を見れます)中国語なので何言ってるかさっぱりわかりませんが「史上最年少」なんてテロップは見て取れる。動画で使用されている羽生君がまーおまえファンだろとつっこみたくなるような美麗映像ばかりでもう完全に中国陥落って感じ(^_^;)ロシアもすごいけど、どっちも「羽生君あげます」って言ったら、「ギャーほしいっ!!」と飛びつきそうだな(^_^;)羽生君世界の親善大使になれるよ。
94a1319e522a8dff9ac8de7f0465d773-790x480 (1).jpg
ちなみに副賞として自分で選べる100万円相当の物がもらえるそうですが、辞退は不可。羽生君のことだからこれも寄付しますなんて言いそうな・・・マジに言ったら政府はどう反応するんだろ?
あと羽生君はソチと平昌の金メダル獲得で紫綬褒章を受賞しています。
国民栄誉賞は内閣総理大臣からの授与、紫綬褒章は天皇陛下からの授与
とゆーことで紫綬褒章の方が格が上なんですね。
eeb2461a.jpg
にしても6月の羽生君は毎週末ショーの連続で大丈夫かなと心配です。
地位も名誉もお金も手に入れた羽生君ですが、健康だけは何にも代えられない。無理せず自分を大事に体調には気を付けてほしいな。





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

羽生結弦@掘れば掘るほどスゴイ人 [エンタメ]

お久しぶりでございます!
3日に英検を受けたのでそれまで勉強しており、録りためてた番組をやっと見ました。
DeDS99gUwAAMQcK.jpg
さっそく最初に羽生君からスタート。この番組はファンの間では羽生君の怪我の期間を完全ドラマ化ということで話題になっていましたが、羽生役は遠藤健慎(17)。
17-09-14_to_082.jpg
この放送前から動画で配役は知っていたのですが、いい子見つけてきたな!という印象。
似てる!とは思いませんが(羽生君に似た人はいないのだ)雰囲気がありますね。
羽生君より背が高く(180cm)、鼻が大きめ。声はまだ17歳らしく幼く感じました。
(ちなみに高須クリニックの高須さんは羽生君の顔は整形するところがないと言っていた)
目と雰囲気に憂いがある。羽生君には憂いがない。これが2人の決定的な違いかな。でもどちらも魅力的ですね。
にしても羽生ゆずれないじゃなくてよかった(^_^;)
o06150410717250_615.jpg
再現シーンは思ったより少なくオーサーコーチも全然似てなかったけど、本物のオーサーコーチに取材したのは日テレお手柄でした。オリンピックチャンネルは五輪終了直後すぐコーチに独占取材をしていて、内容的にもとても興味深かったんですが、(YouTubeで見れます)日本のメディアはどこも取材してなくて不思議に思ってたんです。私なら一番そばにいて裏事情をすべて知っているコーチに聞いてみたいもん。
日テレは長年羽生君を取材していて、信頼関係ができてるんでしょうね。五輪前のドキュメンタリーもよかったし、最後にコンティニューの映像いれるあたりニクイ!

でもあの羽生君でもオーサー以外のコーチに感情的になってたというのが印象的でした。やはり彼も生身のある23歳の人間。気丈にふるまっていても、どこか吐き出すところがないと耐えられませんよね。クリケットは複数のコーチがいるので、その意味ではとてもよかったんじゃないでしょうか。
怪我から五輪への道は皆さんが知っている通り。でもやはり改めて感じたのは
羽生結弦偉大なり!
怪我で練習できない間も考えられるすべてのことをやりきる努力。
ほんとうになんてすごい人なんだと思わずにはいられませんでした。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

羽生結弦@園遊会など [エンタメ]

羽生君忙しいですねえ!すばらしいパレードの後に25日に春の園遊会に参加。
なんとやんごとない羽生君
緊張した」と言ってましたが、どうしてどうして!
これは海外でも報道されていて、イギリスのガーディアンは羽生君が待っている間、かがんで手で靴の汚れを払う姿ベストショットとしてネットに掲載。
私は心底この行動に驚きました。身だしなみって大事ですが、靴ってその人の育ちや格が表れることを羽生君は知ってるのかな。雨上がりだったので足元が気になったのもあるんでしょうが、そういうことに気づく余裕があることがすごい!
You tubeの動画コメントでも、calm(穏やか)で、polite(礼儀正し)く、elegant(エレガント)という英語単語が多かった。その通り!ほんと羽生君はどこに出しても恥ずかしくないですねえ。
284096.jpg
今日は午前中からJOC政府主催の慰労パーティースケート連盟最優秀賞受賞など多忙な一日だった羽生君。
政府主催のパーティーでは安倍首相と対面。安倍さん開口一番「北京はどうするの?」ど直球すぎるよ、阿部さん!(^_^;)
羽生君「わかんないですね」阿部さん「そうだよね」←なんつー会話だ!(^_^;)
なんだか安倍さんの方がミーハー気分で緊張してたかもしれんな。それだけ今の羽生君はとんでもない神々しいオーラで輝いてる。実際安倍さん羽生君に「近づけなかった」って言ってたし(^_^;)でもパレードのことを「大変だったね」じゃなくて「すごかったね。復興貢献と経済効果上げてくれてありがとう」と言わないと!
あの風格と落ち着きの中あんな笑顔されたらみんな堕ちてしまうね。
0026879444.jpg


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

羽生結弦 2連覇祝賀パレード [エンタメ]

皆さんご存知の通り、今日仙台で羽生選手オリンピック2連覇祝賀パレードが無事開催されました。
11187827.jpg
なんとうちの県は天皇杯サッカー中継のため、NHKはサブチャンネル!(T_T)家はケーブルテレビなので、録画できるかどうか問い合わせをし、OKで一安心。でも画質は落ちるんですよねえ。おまけになんと予定時間10分前に終わってしまったっ!!(T_T)なんなんだ、NHK!最後までするからサブにしたんじゃないの!?
とブーたれながらもライブストリーミングしてくれた宮城テレビとニコニコ動画をちらちら同時見(^_^;)さすが地元ミヤテレの中継が最初の開会式のカメラが真正面だったりよかったです!
d_11187406.jpg
気づいたことは、日本代表の服のサイズが合っていた! 五輪前から袖丈の短さ(ズボンの丈も少し短かった)が気になって気になって、(^_^;)晴れの日の今日までに何とかしてくれよと思ってましたが、よかったよかった♪ 20180422_190027jc.jpg あといつも両手首にしているパワーストーンをつけてませんでしたね。おかげで白く美しい腕が見れたわけではありますが、(^_^;)後でいろいろ言う輩に配慮したのかな。ほんと気がまわるなあ。
太陽と新緑と爽やかな風に輝く羽生君。ほんとすばらしくもすごい光景だったな。
11187399.jpg
パレードもよかったけど、それより圧倒されたのはパレード後の会見。
出入りは毎回お辞儀を忘れず所作も美しいのですが、
プルプル唇と神々しい美しさに圧倒されてしまった(^_^;)
凱旋ショーの時は多忙と疲労でお肌も荒れてたけど、今日の美しさといったらっ!
アップにも耐えられるのはもちろんだが、なんなんだろう、内側から出る美しさというのか、ほんとこの世のものとは思えない美しさ
ほええ~~きれいだなあ・・・」と口あんぐり(^_^;)
コメントは相変わらず完璧で、その中でも新聞部高校生とのやりとりがよかった。
夢は叶わないこともある。でも叶った時の喜びはすごいので、何も恐れずに夢に賭けてほしい」という言葉はとても印象に残りました。
20180422s00079000317000p_thum.jpg
いやあ~ほんと幸せな一日だったな・・・

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

羽生結弦 凱旋公演 ライブビューイング報告 [スポーツ]

皆様お久しぶりです!
今日羽生君の凱旋公演「Continues with Wings」のライブビューイング行ってきました!
今は疲労と羽生君の言葉で胸が苦しくため息を繰り返しています。この話は後にします。

今日は出かける時からとんでもないことが発生。家の前の50㎝幅の川に車を脱輪!
数十年ここに暮らしていて初めてです(^_^;)やっぱり(映画館が)凶方位にあるからか、いや、神社で方位除けはしたぞ、とかあたふた考えながら近所とレッカー車へ助けを求めるも、自転車屋さんのツーリスト達が湧いてきて(^_^;)あっという間に車を抱え上げてくれました。ああありがとう、皆さん!
おかげさまで余裕で無事映画館のある場所に到着。
館内は9割ほどの観客。圧倒的に中高年の女性が多い。女性に連れられた旦那さん達もいました。

ショーは2部構成で3時間もありましたが、時間を忘れさせるアットホームで楽しいショーでした。
なんといっても行ってよかったのは、大画面で羽生君を見れたこと。いや〜アップに耐えるわあ!
出演者みんな素晴らしかった。ウィアーとプルシェンコは別格だなと感じました。羽生君はこの2人のハイブリッドて感じがしましたね。いいとこ取りの。
バトルとシェイ・リーンは滑りにも羽生君の演技で見られる振り付けの個性が見られて面白かった。
必見は佐野さん!めっちゃ楽しかった。
川口悠子&スミルノフのペアは「ダンシングヒーロー」を踊ってくれて、最後に羽生君も出てきて一緒に踊ったので大盛り上がり!振り付けを間違えそうになった羽生君がかわいい!
無良選手とは仲の良さが伺えて和みました。
合間にトークショーをうまく入れながらのいい構成だったと思います。
羽生君が全ての出演選手にリスペクトを持って、お互いに影響しあってるのがよくわかりました。

最後に羽生君登場!今日も過去のプログラムを3曲踊ってくれました。
どれも素晴らしかったのですが、子供の時滑った羽生君が大好きな曲「SING SING SING」を踊ってくれたこと!ジャズが似合うね羽生君!

最後の羽生君の挨拶は胸がつまりました。興味がある方は記事や動画で見ていただきたいのですが、私はもう見たくないかな…五輪の時から日本のメディアに関する気持ちを正直に語り出した羽生君。
もう語ってもよい存在になったと思ったか、無意識に出たものなのかはわかりませんが、もう我慢できないところもあったんだと思います。「何か言ったら言われるし、滑っただけでも言われるし」と言ってましたが、日本って出る杭は打たれるというか非の打ちどころがない人は叩かれてしまうのかな。でも動画コメントでもネガコメ載せるのは日本人だけ。わざわざ好きでもない人の所に載せる心理って一体何なんだ!?
でも長年メディアや世間に上げ下げされて死にたくなるほど辛い思いをしたのに、羽生君の心にピュアな部分があるのが驚かされるんですよね。外見も内面も美しい羽生君、どうか世界中に味方がいることを忘れないでね。

汗ダラダラで疲労困憊に滑ってくれた羽生君、この3日間で痩せたように見える。パレードまであと1週間ですが、少しでも心身休めますように。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

西郷どん [エンタメ]

お久しぶりです!
いやあ〜やっぱり篤姫いいっ!「喜んで不幸になります」なんて…( T_T)
素直で健気な感じがよく表れてましたね。ああ現代劇か西洋なら斉彬抱きしめてやって!と言いたくなってしまった(^_^;)
北川景子は初めから垢抜けて綺麗すぎてなんか違うと思ったもんですが、今回のシーンは宮崎あおいの篤姫を彷彿とさせました。でも篤姫は宮崎あおいの方がいいんだよなあ…
最後の西郷に連れて逃げてと言うところは篤姫の本音を見せたんでしょうね。
無理矢理西郷と絡ませるか、ま主人公だから仕方ないけど。にしても痩せたかな、西郷さん体に気をつけないとね。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

羽生結弦 66年ぶり五輪連覇 [スポーツ]

イエエエエエーーーーーイッ!!!
うわあああもう胸がいっぱいで言葉にならんっっ!!ということで(^_^;)以下記事抜粋です。
96958A9F889DE0E5E2E7E1E1E6E2E3E5E2E0E0E2E3EAE2E2E2E2E2E2-DSXMZO2705320017022018US2001-PN1-4.jpg
平昌冬季五輪17日、フィギュアスケートの男子フリーがあり、ショートプログラム(SP)首位の羽生結弦(ANA)がフリーで206・17点を出し、合計317・85点で男子としては66年ぶりの五輪連覇を達成した。宇野昌磨(トヨタ自動車)は銀メダル日本人2人の表彰台は史上初

いやああああ本当に心臓に悪い2日間だった!(^_^;)
昨日は久しぶりの試合SPということで始まる前から不整脈が(^_^;)会場も固唾を飲んで見守ってるのがよくわかりましたよね。世界中が息をつめてたような。
そして今日は今日で最終グループは半分顔を覆いながらハラハラドキドキ。

昨日のSPまでボロボロだったネイサン君が開き直って?本領発揮!結果なんと5位になったというのが驚きでした。フリーの得点では全選手の中で断トツ1位だったという。SPがよければ本当に恐ろしい存在だった。

フリーはやはり体力面?だったのか転びそうになるシーンが何度かありましたが転ばない!(^_^;)
いやほんと羽生君って転倒しないんですよね。膝や体が柔らかいからかな。そして大事なポイント、後半のコンビネーションジャンプを絶対失敗しない!ポイントは必ず押さえるところが羽生結弦!4回転を転倒しそうになったので、トリプルアクセルのコンビネーションでリカバリーしたのはさすが!頭脳明晰、冷静沈着だわ。
そして後半全てのジャンプが終わった後ステップからのコレオシークエンスが楽しそうだった。気合と気迫はあるけれど、どこか滑れる喜びが見えてすばらしかった!
20180217_yuzuru-hanyu1372-650x433.jpg
2位宇野君には最後コンビネーションジャンプを持ってくるなど「根性」が感じられた。ボーッとマイペースそうだからあんなガッツがあるとは思わなかった(^_^;)実は技術点は羽生君より上だったんですね。今後も頼もしいが、難易度下げて銀河系得点を取る羽生君ってどんだけすごいのよ!?
この人は五輪だろうがどんな大会だろうが変わらないんですね。今日は最終滑走で、それまでに滑っている選手たちの演技と採点を見ていたという。どんだけ冷静なんだ。

3位フェルナンデスは1つ4回転ジャンプが2回転になったのがメダルの色の違いでしたかね。でもさすが五輪経験者でチームクリケット!SPFPともそろえてきましたね。オーサーコーチどんだけ!?(^_^;)
96958A9E81818A99E4E2E7E1EB8DE3E5E2E0E0E2E3EAE2E2E2E2E2E2-DSXMZO2705485017022018I00001-PN1-2.jpg
いやあこんなめでたいことはないですね!
私たちは歴史の目撃者になれたわけです。羽生君ありがとう!そしておめでとう!


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

平昌五輪フィギュアスケート男子ショート速報 [スポーツ]

…震えが止まらない…
もう畏れる羽生結弦!もう凄すぎる凄すぎる凄すぎる!!
いつもの昼寝も熟睡できず、(^_^;)録画はしてましたが、生で見ようか見まいかやっぱり見たい!(^_^;)
というわけで見てしまった。顔を覆いながら(^_^;)
いやあ〜もう言葉では言い表せない。「異次元」、地球人じゃない羽生結弦!

次のネイサン、コリヤダがひどかったですね。特にネイサン。
団体戦で精神的にボロボロになって復活するかと思ったんですが、最初の4回転ルッツ失敗で全て悪い方へ。欲を出してルッツに変えたのがいけなかったかな。
宇野君はマイペースというかほんと変わらない、すごいですよ。
と感心してたらフェルナンデス!引き込まれる演技でジャンプも安定していて素晴らしかった!
体も相当絞ってきてますよね、これはオーサーコーチ絶対メダル取らせたいみたい。
と思ったら最後にボーヤン君もすごかった!ノーミスですごいジャンプ!いやあ成長したね、ボーヤン君!

もう羽生君は金メダル決まりと思うな。こんな強い選手はいない!
あとは2位以下がどうなるか楽しみですね!
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

羽生が初の公式練習 [エンタメ]

先ほど午後7時から約15分間羽生君が平昌に入って初の公式練習を行いました。
なんと7時のNHKニュースが2度に渡り中継をぶっこんだ!(^_^;)茶碗洗ってて、思わずテレビに走りましたよ。
今日は本番が行われるメインリンクではなく、地下にあるリンク。
見た所そんなに大きくなく、プログラムは滑れそうにない広さに見えたので、あくまでウォーミングアップ用に見えました。
1回目の中継時はまだ練習を始めたばかりだったので、アップ中。ゆっくり周回するならしといった感じ。が、それだけで美しい!ただ滑ってるだけで美しい羽生君てどーよ!?(^_^;)
なんなんだろう、前より刃を押し付けたようでなく、力をかけずフワアーっと滑ってる感じ。
右足に負担をかけないためか何なのか素人にはわからない。
そして羽生君はリンクサイドに無数のメディアがいてもいつも通りに気にかけず滑っている。
合間にオーサーコーチの所に行って談笑。あーいつも通りじゃないか!

そして7:30に近い2回目の中継では、録画したジャケットを脱いだ姿をわざわざ見せ、
トリプルアクセルを跳ぼうとした直前でニュース終了!えーっっ!?と思ったら
続く7:30からのオリンピック番組で続報映像紹介!トリプルアクセル跳んだ!
(羽生君はいつもアップ後最初にトリプルアクセル跳ぶのが習慣のよう。このジャンプで調子を見極めているようだ)でも今回は跳んでいる時斜めになって、着地もきれいではありませんでした。やっぱり右足をかばってるのか!?と思っている間に本日の練習はその程度で終了。救いは最後挨拶して帰る時無邪気な笑顔が見れたこと。ちょっとホッとしました。
ロシア大会では練習中ずっと右足を触ったり気にしてたんですが、今回はなし。でもシングルジャンプでもフワアっと羽が落ちるよう着地してたので、無意識にかばってるのか、前よりさらに着地が上達したのか私にはわかりません。

おそらく今日は時差ボケ調整とかあくまでも「ならし」だったんでしょうね。
明日午前中練習して、その後10:30に記者会見。やっぱり羽生君が平昌に到着すると、活気付くのはいいけど、彼の負担にならないようにしてほしい。まずは体調気をつけてね。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

羽生結弦 韓国入り [スポーツ]

日帰り温泉旅行から帰って来たら、待ちに待った嬉しい情報が!
今日午後羽生君が韓国の仁川空港に到着、約3ヶ月ぶりに公に顔を見せました。
空港で簡単なインタビューを受けました。問答は以下の通り。

-ケガの状態とこの3ヶ月間の思いは。
「出れない試合もたくさんありましたし、もどかしい気持ちもたくさんありましたが、できることとして陸上のリハビリや治療だとかを必死にやってきた。実際にこうやって試合の場に来られたことをうれしく思うし、これからこの地でしっかり調整して試合へ向けてやっていきたい」

-連覇への自信は。
「もちろんそういう気持ちは少なからずある。自分の気持ちにうそをつかないなら、2連覇したい。
ただ、それだけが目的ではないので、試合というものをしっかり感じながら、自分の演技を出しながら、この五輪をしっかり感じたい」

-どんな4回転を跳ぶのか。
「現地で調整してそれから決める。構成の選択肢はたくさんあるし、周りの状況を考えながらみないいけない。作戦を立てながらやりたい」

-状態は何%。
「まだ滑ってないので分からない。ただ、団体戦も見ていたけど、どの選手よりも勝ちたい気持ちは強くあるし、どの選手よりもピークまで持って行ける伸びしろはたくさんある選手の1人だと思っているので、しっかり頂点を追いながら頑張りたい」

私は出入り口から出て来た時、ちょっと元気ないというか、やり取りも大人しい印象を受けました。
よく捉えたら大人になったのかもしれないですね。冷静な中に強い気持ちがある言葉が素晴らしかった!
にしても屈強な?韓国の警備関係者に囲まれて出て来る姿はどこかの国の王子様のよう(^_^;)
なんか痩せた感じがしますね。相当追い込んだんじゃないでしょうか。どれくらいの強い気持ちを持って今日までやって来たかわかりますね。火曜日に会見をするらしいですよ。
さあ世界王者がやって来て、役者が揃った!この1週間はワクワクドキドキだあ!!
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

羽生結弦 最新画像 [スポーツ]

個人のSNSに最新と思われる羽生君の画像がアップされました!
DVpWOIyV4AApqf9.jpg
画像には2月9日トロントで、最新。彼はとてもいいコンディションだ・・・
と書かれていました。
ということは、トロントを立つ前に撮られたものと思われます。
さっそく世界中から反応があり、英語で「彼は元気?」と質問されると、
投稿者は「とてもいいよ!」と返信。
どーも熊本のメッセージの時も感じたんですが、顔色が悪く見える。
まあ隣のおじさん(投稿者らしい。クリケットのテニス担当の人らしい)にも顔に影があるので、
照明の関係か?にしても羽生君、痩せた?顔がさらに小さくなったように見える。最近顔に丸みがなくなって、細くなってきたなとは思ってたけど、髪の毛が多いのでさらに顔が小さく見えるのか?(^_^;)

予定では明日11日午後に韓国に到着12日夜に現地練習
12日午前フィギュア団体戦があるので、応援に出向く可能性も!?ただ羽生君が来ると「主役は誰だ!?」(^_^;)
状態になるだろうし、世界中のメディアから追いかけられたくないかもなので、行かない可能性もあり、とにかく羽生君の判断を尊重します。

ところでan an「思考の整理術」届きました♪(AERAは12日まで我慢(T_T)
写真が美しい!カメラマンさんは長年フィギュアを撮っている方だけあって、一瞬をとらえるのがうまい。カメラマンさん曰く、羽生君は目が離せない存在感があり、撮る側も真剣に向き合わないと羽生君のいい写真が撮れないとのこと。
2018-4910204820280-1-2.jpg
にしてもanan久しぶりに買いましたが、こんな雑誌だったっけ?(^_^;)な感想。
特集「思考の整理術」も全然読んでません。(^_^;)羽生君にこのテーマで聞いているところがあるのかと思いきや皆無。
羽生君はインタビューの時自分のその時の気持ちを整理できるので、よく話すようにしてるのと、後で自分の言葉を振り返り、大学の研究材料にしていると。こんなことが一つも載ってませんでした。たぶんほとんどの雑誌が売り上げアップに羽生君をあてにして掲載しているだけですね。
中身が何もない。an anもこれなら羽生君オンリーの写真集とか作った方がいいような気がします。自分たちで努力しないのだから、雑誌が売れないのがわかる気がします。
インタビュー自体は他誌と同じで去年の夏なので、言ってることはほぼ一緒。
羽生君は全くぶれない!ほんと若くしてちやほやされても調子に乗らず、何にも染まらない、一本筋が通っているのがすごすぎる!

さあ明日午後はいよいよ世界中が待っていた絶対王者羽生結弦の平昌降臨!
来週は仕事が手につかないな、絶対(^_^;)


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

平昌五輪 フィギュア団体男子ショート [スポーツ]

えーっと今日から確かフィギュアが始まるんだっけ?と掃除機かけながらチャンネル押し(^_^;)見ることができました。
男子ショート、いやあ変な意味で面白かった、というか「五輪の魔物」を感じずにはいられませんでした。
最終グループの選手達はやはりいつもと違う緊張感があったように思います。胸が詰まるような空気感がありましたね。

何と言っても第1滑走のパトリック・チャンが…!いやあこれはどーなることかと思いながら、ネーサン君登場。見た感じではいつものとおりに見えたんですが、最初の4回転の着地でバランスを崩しながら何とか着氷、その後のジャンプが跳べず、焦りからかリカバリーでトリプルアクセルを跳ぶも転倒。苦手なアクセルの失敗はトラウマになりそう(^_^;)私はジャンプよりステップやスケーティングの方が良さげに見えました。ネーサン君のこれほどのジャンプの崩れようは見たことがないことに驚きながら、コリヤダ…!何となく今まで出た選手の悪いところが移ったような酷さ。総自爆に驚きながらよかったのは、イスラエルの五輪2度目出場の選手。元気の良さがあって生き生きしてました。

あーやっぱり「経験」がものを言うのかあと思いながら、最終滑走の宇野君登場!
6分間練習の頃はいつもより怖い顔、動きもどうかなあと思ったんですが…
最初の4回転を手をつきながらも着氷。その後後半のコンボとトリプルアクセルは成功させ無難に終了。
演技後「五輪だからと言った特別な緊張感はなかった」と言っていた宇野君。どこまでマイペースなんだ(^_^;)
でも高橋大輔さんは最初の4回転は硬さから来るスピードのなさでうまく跳べなかったんだろうと
言っていました。私もいつもよりスケーティングにスピードがなく、動きが重く見えました。
でも驚異の100点越えで日本暫定1位。他の選手がガタガタな中転倒しなかったのが大きいですね。
五輪では悪い気持ちの変化も起きるのではと思いましたが、このいい意味での「鈍感力」(^_^;)で、
個人戦もひょっとしてひょっとするかな?

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

羽生結弦AERA2/19増大号表紙公開! [エンタメ]

五輪開幕直前で出版界では怒涛の「羽生結弦」ブームが続いていますが、
またまた出ましたよ!以下情報です♪

ニュース週刊誌「AERA」は、2月10 日発売の2月19日増大号の表紙に、
男子フィギュアスケート平昌五輪代表の羽生結弦さんを起用。本誌表紙フォトグラファー蜷川実花の撮り下ろしです。
羽生結弦さんがアエラの表紙に登場するのは、2011年11月、14年11月に続いて3度目。
連覇のかかった平昌五輪での演技に期待が高まります。
表紙の人」のインタビューでは、取材などで自身が話をすることが後の自分にとってどんな意味を持つのか、羽生さんらしい言葉で語っています。中面では、やはり蜷川実花が
撮り下ろした写真とともに、平昌五輪で予想される羽生さんのプログラムについて、詳細な分析を試みました。

AERA (アエラ) 2018年 2/19増大 号特別定価:410円(税込)発売日:2018年2月10日
d4702-365-668906-0.jpg

  !!!!!
ひ~~ええええええ!!!(@_@)
これはメイクしてるのか?うわああまるで日本画に出てくる白塗りの稚児か小姓のよう!これは和服着てもはまるぞ!すごい「耽美」・・・!
ネットでも大盛り上がり、さっそく予約しようと思い悩んでいる数時間後にアマゾンではもう売り切れ!
にしてもすごいとしか言いようがない羽生結弦!
かわいい、かっこいい、美しい、耽美・・・などなど魅力がありすぎる!

蜷川さんの写真はなんとゆーか俗っぽい(悪く言うと下品ギリギリの)イメージがあって、前号の高梨沙羅ちゃんの表紙は「メイクがケバすぎる」とネットでは不評の意見が多かった。私もこれは彼女の良さが活かされていないと思ったものです。
2018020600060_1.jpg
が、今回の羽生君はこれ以上するとあぶねー(^_^;)ギリギリのいいところをうまく捉えている。蜷川さん羽生君をずっと撮りたかったらしいので、その熱量がよく表れてるなと思いました。
蜷川さんよくわかってらっしゃるなあと思ったのは、羽生君右向きなんですね。
以前家庭画報の話で右向きは幼く、左向きは大人っぽく見えると思ってたので、
幼い左向きを選んだ蜷川さんの好みかな?(^_^;)

一応地元の書店で予約ができました♪でも手に入るのは12日!これだから田舎は・・・!(^_^;)まあ確実になったのでいいとしようか。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

NHKスペシャル 「羽生結弦 連覇への苦闘」 [エンタメ]

録画したのを仕事から帰って我慢できず(^_^;)見ました。

タイトルが今までは(仮)でしたが、「苦闘」ときた。
怪我したからなんでしょうが、やっぱり羽生君には「挑戦」という言葉が似合うな思ったんですけどね。感想としては、同じ密着取材なら、日テレの「絶対に勝ってやる!」の方がよかったかな。
NHKのは怪我の転倒シーンが何度も出てきて、私はその度に目を閉じてました(^_^;)まともに見れりゃしない!まるでNHK杯でやったんだぞ!スクープ映像だあ!と自慢してるみたい。さすがにしつこいと感じましたね。
あとはライバルの紹介が最初と最後の2回も出てきたのもしつこいかなあ。ただネイサン・チェンはジャンプはすごいと思いました。まーピョンピョン跳ぶわ跳ぶわ!失敗しそうにない感じ。確かに今のルールでは強敵でしょうね。でもやっぱり羽生君のジャンプは美しーんだよ!
密着取材というので、怪我後トロントでの姿が見れるのかなあと思ったんですが、やはり日テレと同じ、完全シャットアウトでしたね。密着度合いも同じか少ないくらいかな。

オータムのフリーで右足の違和感のため、安全策をとったことに
「(攻めないと)競技者として自分の心を保てないと思った」
限界を作らない、高みを目指すのが羽生結弦というのがよくわかる言葉ですね。
でもフリーで5本4回転ジャンプを入れる怪我前の考えは、焦りがあったんじゃないかと思うんです。アメリカか海外の記事の指摘で、羽生君がネイサン・チェンとジャンプで競おうとしたら、
羽生君が負けるというのを見たことがあります。これは結構鋭い。4回転の本数でなく、
加点がもらえる質の高いスケートを完璧に滑れば、羽生君には誰も勝てない。自分の良さを忘れてた気もするんです。
でも今回の怪我で、4回転ルッツは回避、4回転の本数も減るでしょう。完成度を上げてきます。
他の選手にとっては、難易度が下がってもこの羽生君が一番怖いんじゃないかな。

最後のメッセージで「オリンピックを前に焦る気持ちもあります」という素直な気持ちが書かれていて印象的でした。私達部外者でもハラハラ焦っているのに、当の本人はどんな気持ちだったことか…
今回ルッツを外すことはオーサーコーチ曰く「彼にとって辛い決断だった」そうです。
「圧倒的に勝ちたい」と言っていた羽生君にとってはこの決断に至るまで苦悩、葛藤したでしょう。
でもこの怪我が全てベストの答えを導いてくれたような気がします。
ルッツなしはコーチの希望でもありましたが、怪我をしなかったらこの案は受け入れなかったでしょう。ほんと「怪我の功名」になってくれたらいいなあ。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

羽生連覇へ「私には自信がある」オーサーコーチ熱弁 [スポーツ]

6日オーサーコーチのインタビューで、4回転ルッツ回避の話は本当でした。
TVニュースでオーサーコーチが聞かれると、はっきり4回転ルッツは跳ばないと答えていました。その後朝日新聞デジタルが独占?取材を載せていたので、無料掲載部分だけ以下抜粋します。

羽生連覇へ「私には自信がある」 オーサーコーチ熱弁
「羽生は100%回復する」オーサー氏、個人戦へ見通し

「ここ数週間で物事が良い方に動き出し、私たちは楽観的になっている。練習がかなりよくできている。1分1分が大切だ。毎日毎日、良くなり続けている」

 ――氷上に戻ったのは。
「正確な日時はわからない。彼に聞いて。面倒に巻き込まれたくない(笑)」

 ――1分1秒が大切、ということが団体出場をやめた理由か。
「そう。彼にとってつらい決断だった。私の彼への助言は『自分のことをよく考える必要がある』。
彼には五輪で金メダルを再び取るという目標がある。ここはひとつ賢くなって100%回復しなけば。それが1週間を必要とし、それが団体戦不参加を意味するなら、そのことを彼自身に考えさせなければならない」

 ――実際、彼は100%まで到達できるか。
「100%になるだろう。びっくりしたのは、我々が非常に早くピークに持っていけそうだということだ。思い出すのは夏、私は『彼は今五輪があるかのように準備が整っている』と言った。銀行に貯金しているようなもので、そのおかげで、今はすべてが実を結んできている。
ピークをもう一回持ってこなければならないが、今、通し練習をしていて、リンク外でも色々やらなければいけないことがある。ある意味で彼はかつてないほど強くなった。たぶん彼にはさらに時間が必要だ」

そしてTVで「本当に金メダルを獲る準備はできているのか?」という最後の質問に
「羽生選手を見くびらないで下さい。彼は彼自身を信じているし、私も彼を信じている」
く〜〜っ痺れるねえ!オーサーかっこいいっ!
あ、ちなみにここんところの最初の英語は
Don't underestimate Mr. Hanyu! ミスターハニューを過小評価しないで下さい。(直訳)
「ミスター」とつけるのが ちょっと距離を置いて羽生君を客観視してるのと、
1人の大人の男性として敬意を表してる感じがしていいなあと思いました。
ほんとオーサーコーチ、日本のメディアより情報の取り扱いがわかってらっしゃる!(^_^;)
こんな頼れるコーチがいれば安心です。さー来週が楽しみだ!
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

羽生結弦オーサーコーチ個人種目出場明言 [スポーツ]

実は昨日深夜には速報で知ってたんですが、ネットの調子が悪く、自分のブログにたどり着けなくて、こんな時間になってしまいました。以下記事抜粋です。

羽生、4回転ルッツ回避をオーサーコーチが明言

フィギュアスケート男子で2連覇が懸かる羽生結弦(ANA)のコーチ、ブライアン・オーサー氏が5日、会場のある江陵で取材に対応。右足首故障からの復帰を目指す羽生について、故障の原因となった大技の4回転ルッツを回避することを明かした。個人種目に関しては「もちろん出る」と明言した。

年明けに練習を再開したばかりだが、オーサー氏は「(ジャンプは)4回転ルッツ以外は全ていい状態だ。彼はトレーニングがよくできている。驚きだ。当然、金メダルが狙える」と太鼓判を押した。

\(^o^)/ \(^o^)/ \(^o^)/!!!
いやああ〜〜〜、昨日夜中1人でテンション上がってましたよ!(^_^;)
今まで怪我は良くなってるのか、憶測記事だらけでしたよね?それもこれも羽生君サイドの声が全く聞こえなかったからですが、オーサーコーチの言葉は何と心強いことかっ!この数ヶ月羽生君を信じながらも心配や不安で心が揺れていた私達に希望を与えてくれました。

にしてもオーサーコーチは「4回転回避」とは一言も言ってないですね。
翻訳が正確なら、他の選手たちを翻弄する言い方!いやあ〜どこまでも策士だわ、
さすが百戦錬磨のオーサー!わードキドキワクワク!来週には久しぶりに羽生君が見れる!楽しみだ♪
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

スポーツ酒場"語り亭"平昌五輪直前SP フィギュアスケート 表現力ってなんだ [エンタメ]

2/4NHKBSでミッツ・マングローブMCのスポーツ酒場"語り亭"が放送されました。
今回は五輪直前、ミッツ大好きなフィギュアスケートで「表現力」をテーマに、
ゲストとして、振付師の宮本さん、鈴木明子さん、本田さん、佐野さんが出演。
以前もミッツ独特の視点でフィギュアの魅力を語っていたのをチラ見したことありますが、
今回は実際に採点する側である国際スケート連盟 技術委員の岡部さんという方をゲストに招いたのが特筆。採点者として表現力をどう評価するか興味があったのですが、特に目新しい話はなかったかな…
五輪代表選手5名それぞれの表現の仕方についてさら〜っと話した感じでした。

岡部さんはいつも冷静を心がけているが、やはり人間なので、感動するときはある。感動した後に点数として評価するのは難しいと言っていました。そりゃそうですよね。特に表現力というのは、ルールに則っても受ける感覚は人によって違うので、なかなか難しいでしょうね。いずれはAIに見てもらう方がいいかも!?(^_^;)

結局表現力とは何かというと、鈴木さんたちは「人生」「人間力」「心に響くもの」などなどやはり人としての経験などがものを言うと言ってました。
岡部さんは「音楽、音をどう動作に置き換えるか」とのこと。審判らしい(^_^;)
動作で表しつつ心にも響かせる…フィギュアって奥深いなあ…。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

NHKスペシャル 未解決事件 File.06「赤報隊事件」 [エンタメ]

ため録りしてたのをやっと見ましたあ!
約1年ぶりの地上波ドラマ出演のつよぽんのドラマ。
今回はドキュメンタリードラマで硬派な内容なので、どんなもんかなと思ったのですが…

ちょっと最初らへんセリフが噛みそうな雰囲気があったのがご愛嬌(^_^;)
たぶん日頃言いそうもないセリフが多かったので難しさもあったかもしれませんね。
ナレーションが素晴らしかった!「ブラタモリ」ののほほんさとは全く違う役に入った話し方。
「嘘の戦争」での独白も惹きつけられたし、ほんとこの人はナレーターだけでも食っていけるかもしれん(^_^;)

一番印象に残ったのは、犯人として有力な右翼幹部との対峙シーン。
幹部役をやった村田雄浩さんの不気味さ恐ろしさがわかるような毅(記者役の名前もつよし!)の怯えた目!怖いけれど勇気を出して信念を話そうとする感じが表れてましたね。
そして相変わらずこの人の「怒り」の演技は迫力たっぷり!
本当に怒りに「震えて」顔も赤くなるんですよね。こんな顔で迫られたら、演技を忘れて相手役の人も怯むんじゃないかな(^_^;)
なんにせよ久しぶりにつよぽんの演技が見れてよかった♪やっぱり素晴らしいので、これからもたくさんドラマにでてほしいなあ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

羽生結弦特集@家庭画報3月号から [エンタメ]

羽生君の団体戦欠場が決まった試合会場江陵(カンヌン)アイスアリーナ
開幕直前にブルーからへ内装デザインをチェンジ!
ファンの間では「吉兆!SEIMEIを舞う羽生君を待ってるようではないか!」と喜んでいます。ほんと、去年の四大陸選手権ではソチに似たブルーだったのにね。

遅くなりましたが、家庭画報3月号プレミアムライト版(通常号より一回り小さく、50%軽い)が届いたので、取材内容をお届けしますね♪
が、通常版買っときゃよかった・・・!(T_T)当たり前だが紙質が全然違う!通常号は全て高級光沢紙!特製ポスターは厚みのある光沢紙でしたけどね。あ、気づいたのが、羽生君って左向くと顔が大人っぽく、右向くと幼く見えるんですよね。なんだ阿修羅じゃねえか(^_^;)
d9728-414-151368-3.jpg
羽生君のジャンプはプログラムによって「表情」が違うなあと最近思っていた答えを本誌で話しています。
曲がかかると、自然に違うジャンプ、違う表現になるんですよね。使い分けているわけではないのですが、『バラード第1番』はなめらかに溶け込んでいるようなジャンプ。 ピアノの音だけですべてを表現しているからこそ、ジャンプがほかの楽器になってはいけないんです。スケーティングもスピンもステップもジャンプも全部ピアノの音と同じ空間、同じ次元にいるように心がけています。 『SEIMEI』の場合は、とても間の取りやすいプログラム。よりテンポとリズム感のあるようなジャンプで、間がジャンプの中にきれいにすとんと入ると、いっそうきれいに見えるし、やっていても気持ちがいい。そういうものを求めて今僕はスケートをやっているんですよね。 それが多分、最大の武器でもありますし。自分自身が、ジャンプを跳んで決まった流れのよさや 達成感などを感じていて、さらに見ている側も気持ちいいときって、絶対に評価もいただけるので、そこを突き詰めていきたいと強く思っています
もう、身についている感じなんです。自分の感覚、音楽感のようなものを自動的に発動できるのがこの2つのプログラムのいいところだと思っています
自然に違うジャンプになるって・・・音楽をとらえる力といい、天才だわ羽生君!
74301813_220x275.jpeg
あとは23歳の若さで人生設計もできていて、人としてめちゃくちゃしっかりしてるのがわかる。
スケートで現役をやっていられる時間って限られているわけじゃないですか。 そのあとの人生のために、今学ばなければならないことってたくさんあると思うんですよね。 そして、両親からの第一の教えが、学歴はさておき、ちゃんと常識と知識を持った人でなければならない、ということ。僕自身もいちばん大切にしていることなので、スケートだけをやればいいとは 全然思ってないです
大学の履修科目を選ぶのもスケートが判断基準。生命倫理は『Hope&Legacy』を滑るにあたり考えなきゃいけないと思って履修したんです。希望、遺産、命。目に見えないものに対して どう考えて、どう表現するべきかをすごく必要としていたので勉強したのですが、そういうことを 考えられる人にはなっていたいなと

五輪は特別だと自覚し、受け止めている。演技に対する気持ちはソチ五輪で金メダルを獲る前も今も全く変わらない。環境は大きく変化したけれど。
平昌五輪後のモチベーションは4回転アクセル
スケートが好きなんです、僕。僕にとってスケートの練習はストレス発散みたいなところもあるんです。プルシェンコが金メダルに輝いた2006年での圧倒的な強さ、そして20代後半で迎えた2010年での演技はどれも違う印象で、それぞれの魅力がある。それって、フィギュア スケート独特だなと思うんです。結果を出すことだけがすべてじゃない、それはすごく感じましたね。だから、自分自身でもフィギュアスケートへのモチベーションは常にあり続けると思います
ジャンプに関して言うと、技術的なものは23~24歳くらいがピークなのかと思って いたのですが、信成くん(織田信成)、すごいんですよ!4回転ルッツを跳び始めていて(笑) そういう姿を間近で見ていて、『自分のなかで、自分の限界を作らなくていいんだ』と思うように なりました
180130_furoku_pl_card.jpg
ほんとにこの人は自分自身を外から客観的に冷静に見れるんですね。
見た目だけでなく、自分の心も冷静に分析できるすごさ。
彼は25~26歳で結婚、28歳頃現役を引退・・・と言っていたのを聞いたことがあります。
プロスケーター、振付師、コーチ全部に関心があり、
全部をうまく共存できるようにしたいです。僕にしかできない、そこへ向かう道が ぜったいあるはずだと思うので、フィギュアスケートにおける僕の使命をしっかり見出したいと 思います

平昌五輪での最大のライバル、それは自分自身だと思っています。ソチ五輪を終えた いちばん最初に感じたのが、『五輪の魔物ってやっぱり自分のなかに棲んでいるだけなんだな』 ということ。自分が飼っている魔物が五輪というタイトルだけで暴れだす・・・。痛感しました。 それを抑え込めるのは自分自身しかいないから、やっぱり一番の敵は自分なんです。 五輪を二連覇するという目的があるからこそ、今の日常がある。五輪での金メダルなど、 日本男子シングル界では僕が初めて経験したことがいくつもあります。怪我や震災などの出来事を 伝える役割も含めて、『羽生結弦』だからこそできる新しい仕事をフィギュアスケートで ゆくゆくは考えていきたいと思っています

最新メッセージもありました。
NHK杯後からのご心配、ご声援ありがとうございます。皆様からの応援を力に変えて、 平昌五輪に向け邁進していきたいと思っています








nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog
前の25件 | -